効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 自宅で行うデメリット

自宅で行うデメリット

ここでは、加圧トレーニングを自宅で行うデメリットについて、詳しく紹介していきます。

加圧トレーニングを自宅で行うデメリット

専用ベルトを購入すれば、自宅でも加圧トレーニングを行うことができます。しかし「気軽」とは、ほど遠いもの。

まず購入する際には、自分の適正圧を測定しなければならないので、加圧トレーニングの資格を持ったトレーナーのいるショップを探す必要があります。この適性圧を正しく設定しておかないと、怪我や事故につながることもあるので注意が必要です。

また購入時に適正圧を設定しても、実際にトレーニングを始めてみたら、圧が合わないことや、トレーニングを続けることで身体が変化し、適性圧が変化してくることもよくあります。

こういった場合、再度適正圧の測定に行かなければならないのですが、自分では適正圧が間違っていると、なかなか気づけないもの…。なので、効果もなく、身体にも悪影響な状態を継続してしまう、なんてことになりかねません。

その他、怪我や事故につながるリスクも多くあります。

加圧トレーニングを「ただ身体に圧をかけて、トレーニングする運動」と捉えるのはとても危険です。「血流を操作し、無理に体を普段とは異なる状態している」ということを念頭に置いておきましょう。

以下に、自宅で加圧トレーニングを行う際に伴う具体的な危険性を紹介します。

自宅でトレーニングを行う際に伴う危険

加圧トレーニングは、身体に負担のかかる運動なので、様々なリスクを伴います。

圧のかけすぎによる極度の血行不良

加圧トレーニングでは、圧をかけることで血流が制限され、肌が赤黒っぽく変色します。これは一時的なものですが、もし指先が青白くなっているようでしたら、圧が強すぎる状態です。

気づかずに放置してしまうと、場合によっては血栓などの危険性も伴うので、必ず体の隅まで異常がないか随時確認する必要があります。

貧血

トレーニングの終了後に貧血になる人が多くいます。これは、脚や腕に血液が集まることが原因です。圧力を抜いて少し休めば治りますが、自宅で行っている場合には、自分で対処ができないことや、無理に動いて転倒してしまう危険性を伴います。

加圧トレーニングはスタジオで行うのが最善でしょう

前述した通り、加圧トレーニングは自分に合った圧をちゃんと管理できなければ、身体への効果もなく、それどころか危険なものにもなりかねません。

加圧トレーニングのメリットは多くのメディアも取り上げていますが、デメリットについては、あまり知られていないのが現状です。

スタジオであれば、何か不測の事態が起きてもトレーナーが対処してくれます。しかし、1人で行っていては、何かあった時に自分で対応しなければなりません。

それでも自宅で行いたいという方は、器具や使用時間などをきちんと管理し、自分の体調に合わせて慎重に行なうことが大切です。それが無理であれば、やはりスタジオで、プロの指導を受けながらトレーニングするべきでしょう。

最近では、時間も柔軟に対応してくれるスタジオが増えていますし、設定金額も当初より驚くほどダウンしているので、多くの方が利用しやすくなりました。

どうしても自宅で行いたい理由がない限りは、トレーナーのいるスタジオで指導を受けるのが最善と言えるでしょう。