効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは »  加圧トレーニングとホットヨガやピラティスの違い

加圧トレーニングとホットヨガやピラティスの違い

近年、ダイエットやストレス解消の効果を求めて、加圧トレーニングやホットヨガ、ピラティスを検討する女性が増えていますが、すべてのプログラムに挑戦するのはお財布にも時間的にも厳しいですよね。

そこで今回は、3つの運動方法の特徴と違いをまとめてみました。

これから運動を始めてみたいという方は、ぜひ比較検討の参考にしてみてください。

加圧トレーニング

基本的なトレーニング方法

専用のベルトを使って腕や脚の付け根を締め付け、意図的に筋肉に圧を加えてトレーニングします。専用の機器が圧を測定しながらトレーニングに適切な圧をかけるので、血流が止まってしまう心配はありません。

この状態で筋力トレーニングなどを約30分実施します。

成長ホルモンを活性化できる

腕や脚の付け根には太い血管が通っていますので、ベルトで締め付けると血流が制限されます。

すると上半身または下半身に血液がたまり、その状態でトレーニングを続けると乳酸濃度が上昇します。

その後、ベルトをはずすと溜まっていた高濃度乳酸が体内に一気に流れ込み、それに反応した脳下垂体によって成長ホルモンが活発に分泌されると言われています。

成長ホルモンには骨や筋肉を作ったり、脂肪の代謝を促したり、体のダメージを修復したりする作用が期待できるため、ダイエットや健康増進、アンチエイジングなど幅広い目的でトレーニングが実施されています。

ピラティス

エクササイズ方法は人によって異なる

マットの上などで、背骨や骨盤を中心とした動きと独自の呼吸法を組み合わせて行います。

エクササイズの方法は複数あり、ひとりひとりのレベルに合わせて難易度を調整できます。

身体の動きを向上させる効果がある

ピラティスは、もともと体のストレッチや筋力の増強、全身のバランス強化などを目的に考案されたエクササイズで、理想的な姿勢と動きをマスターすることによって体の不調を改善したり、運動パフォーマンスを向上するなどの効果が期待できます。

ホットヨガ

高温多湿で行う

室温39℃前後、湿度60%程度の状態を保った室内でヨガを行います。動き自体は普通のヨガと同じで、筋肉を柔らかくほぐし、伸ばすようにポーズをとります。

より筋肉をほぐせる

ヨガにはもともとゆったりした動きやポーズをとることで固まった筋肉をほぐすという目的がありますが、高温多湿の環境で行うとより効率的に筋肉をほぐすことができ、ヨガの効果をアップさせることができます。

また、高温多湿でのヨガは発汗を促進するため、デトックス作用も期待できるところが特徴です。

タイプ別におすすめ!3つの運動法

1. ほどよい筋肉をつけたいなら加圧トレーニングがおすすめ!

加圧トレーニングは、ベルトの締め付けによってわざと体に負荷をかけているため、最大筋力20%くらいの低負荷トレーニングでも、最大筋力80%程度の高負荷トレーニングを実施した時とほぼ変わらない効果が得られます。

そのぶん、短時間のトレーニングでしっかり筋力が身につくので、ボディの引き締めや脂肪燃焼を促したい人に最適です。

2. 体に不調や痛みがある人はピラティスがおすすめ!

ピラティスには骨を支える深層筋(インナーマッスル)を鍛える働きがあり、続けることで姿勢や関節を正しい位置に調整できます。

骨のゆがみが解消されると足腰の痛みや違和感はもちろん、肩や首のコリなども緩和されるので、体のあちこちに不具合を感じている人はピラティスに取り組むのがベストでしょう。

3. 運動が苦手な人はホットヨガがおすすめ!

日頃運動不足の方がいきなり激しい運動にチャレンジすると、体に負担がかかってケガをしてしまうおそれがあります。

ヨガは、もともとゆっくりした動作で行うものですが、ホットヨガの場合、高温多湿の環境下で行うため、脱水症状にならないよう普通のヨガよりもさらにゆったりとした動作で行います。

スローペースなので初心者でもついていきやすく、運動が苦手な人も無理なく続けられるところが魅力です。