効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 見込める効果

見込める効果

加圧トレーニングをするとどのような効果があるのかリサーチしました。

加圧トレーニングの仕組み~高い効果を発揮する理由~

加圧トレーニングの理論は、「血流が悪くなった状態でハードなトレーニングを行うことにより通常にトレーニングするよりも体に負荷がかかり、短時間でより高い効果が得られる」というもの。

腕の付け根や足の付け根に器具を装着して圧をかけますが、ただ締め付けるのではなく「適切に血流を制限すること」が重要になります。

加圧時には静脈側を強めに制限することで、足や腕に血液が多く停留し、毛細血管にまで血液が流れるようになります。そして軽い負荷で筋繊維の動員率が高まるため、血液中の乳酸濃度が急激に上昇、成長ホルモンの分泌を促進します。

増加した成長ホルモンは体脂肪を燃焼させて血中に放出します。体内を循環した成長ホルモンは体脂肪を燃焼させて血中に放出。さらに、体内を循環した成長ホルモンは、美肌、ダイエット、アンチエイジング効果、育毛など、さまざまな働きかけをします。

加圧トレーニングで腹筋が鍛えられるメカニズム

加圧トレーニングは腕や足の筋肉だけでなく、背筋や腹筋も鍛えることが可能です。

身体に加圧を与えると血流が制限され、筋肉に供給される酸素の量が少なくなります。酸素の供給量が少ない状態で軽い運動を実施すると、脳が大きな運動をしていると錯覚して速筋が動き出します。

この速筋は短距離走や重量上げなどの運動で使用することが多く、瞬間的に強い力を発揮したい時に最適な筋肉です。そのため、通常の筋肉よりも筋肉疲労がしやすく、乳酸も体内にどんどん溜まっていきます。

発生した乳酸は、筋肉の内部に存在する受容体を刺激し、成長ホルモンを大量に分泌させます。この成長ホルモンは、他の部分に存在する筋肉にも作用してくれるので、直接加圧をかけていない部分の筋肉も一緒に鍛えることができるのです。

鍛えるのに苦労する腹筋部分や、鍛えにくい背筋部分を鍛える時にも、加圧トレーニングは最適です。トレーニングの際にかかる身体への負担も、最小限に抑えることができます。

筋力トレーニングなどを利用して体中の筋肉を鍛えたいと考えている方は、加圧トレーニングも一緒に取り組みながら、効率良く筋力アップを図りましょう。

加圧トレーニングがもたらす効果の種類

加圧トレーニングを正しく行えば、美容効果やダイエット効果などが期待できます。ここでその効果の種類を詳しく見てみましょう。

美肌(アンチエイジング)

年齢を重ねていくごとに、若返りホルモンと呼ばれている成長ホルモンの分泌が衰えていきます。しかし、加圧トレーニングには筋肉に圧力をかけるので、成長ホルモンの分泌を活性化させる効果がでることから、通常の分泌量よりも4~5倍も分泌されるのです。

また、普段使われない毛細血管にまで血液が行き渡りますので、アンチエイジング効果が期待できます。美容効果には血行促進が大きく関わっているので、肌にハリとツヤを与えてくれます。

ダイエット

日常的に使われる筋肉は限られていますが、加圧トレーニングを行うことで筋肉に圧がかかりますので、普段よりもさらに筋力を使います。その為、今まで以上に筋肉量がアップすること間違いありません。

筋肉量が増えればその分、新陳代謝も上がりますので、不要な脂肪をどんどん燃焼して痩せやすい体にしてくれます。また、運動することで体が疲労し、脳が刺激されて成長ホルモンの分泌を促進させるのです。中には、加圧トレーニングによって約300倍の成長ホルモンが分泌されたという人もいます。

育毛・腰痛・肩こり

腰痛や肩こり、抜け毛の原因となるものは、筋肉だけではなく血行不良も関連しています。血液の流れが滞ってしまうと、体中に酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうのです。特に、無理な姿勢を長時間行う仕事は筋肉が緊張状態になりやすいので、血管が圧迫されて余計に疲労がたまりやすくなります。

この状態が何日も続いてしまうと、肩こりや腰痛だけでなく、頭皮にも大きな影響を与えてしまいます。

回復力アップ

加圧トレーニングを行うことで、怪我や病気の回復が早くなります。その理由は、成長ホルモンの分泌が大きく関わっているようです。怪我や病気をすると、それを修復しようと体が成長ホルモンを細胞修復ホルモンに変えてたくさん分泌します。

分泌される細胞修復ホルモンの量が多いほど、怪我や病気を回復する力が高まります。その為、病院に行かなくても自然治療だけで良くなるのです。

血行促進

加圧トレーニングは血管にかける圧力を調整しながら行われますので、血管を鍛えることができます。血流を制限することで脳が危険を判断し、血流を良くしようと働きかけるのです。

そうすると、たくさんの栄養素を取り込もうと血管が拡張し、それによって、頭のてっぺんからつま先までのありとあらゆる毛細血管にまで血液が届くようになります。それによって新陳代謝がアップし、女性に多いとされる冷え性や頭痛、不眠症などが改善できるようになります。

加圧が適切でなければ、危険を招く可能性もあるので、必ず専門知識を持った正式なライセンスを持つプロの元で指導を受けましょう。

加圧トレーニングで腹筋を鍛えよう!5つのワークアウト編

腹筋部分を効果的に鍛えたい場合は、腹筋に効果的なワークアウトを活用しましょう。ここでは、腹筋を鍛えるのに最適なワークアウトを5種類ご紹介します。

シットアップ

膝を立てた状態で仰向けになり、膝の角度を90度に維持します。手は頭の後ろへと持っていき、頭だけを支えておくのが適切です。

その後は、腹筋を意識しながら上体を起こすだけです。上体を上げる時は息を吐き、下す時は息を吸いましょう。

クランチ

床やマットの上で行うのが一般的ですが、ここではバランスボールを使った方法をご紹介します。

最初はバランスボールの上で仰向けになり、膝の角度を90度に保ちます。その後は、手を頭の後ろに組んだ状態で上体を起こすだけです。

上体を戻す際は、腹筋を解きほぐすようなイメージで、ゆっくり戻るのがポイントです。

ニートゥ

このトレーニングは、腹部の下に存在する筋肉を鍛えるのにとても有効です。

仰向けの状態になり、両手は尻部の下に入れることで腰への負担を軽減します。その後、両膝を胸の位置まで引き上げ、元の位置へと戻します。

足を戻す際は、腰や背中が反らないように注意してゆっくりとした動作を心がけましょう。

レッグノイズ

腰への負担があるので、腰痛持ちの方は実施しないようにしましょう。

最初はニートゥと同じように仰向けの状態になり、尻部の下へ両手を入れます。その後、足をへその真上まで持ち上げ、膝を伸ばすようにゆっくりと踵を床へと下します。

サイドベント

最初は背筋をまっすぐ伸ばした状態で立ち、足は肩と同じ大きさに広げます。

次は、トレーニングをする方の手を頭の後ろへと回し、反対の手にはダンベルを持ちます。その後は、体側を脇腹が鍛えられていると実感できるまで、ダンベルを持っている側の体側を下げるだけ。

元に戻る際は、勢いや腕の力でダンベルを上げないよう気を付ける必要があります。

これらのワークアウトを実践すれば、激しい運動をせずに腹筋を鍛えることが可能です。しかし、身体に負担をかけるのは危険なので、やりすぎには注意しましょう。

加圧トレーニングのマシンの違い

加圧トレーニングを安全に最大限の効果を出すためには、KAATSU JAPANより開発された専用の器具が必要です。

  • 加圧マスター(空圧式) 加圧トレーニング指導資格者専用の空圧式トレーニング機器です。
  • 加圧マスターミニ(空圧式) 空圧式のポータブル加圧トレーニング機器です。インプットされた個々のプログラムの実行がボタンひとつで行えます。
  • 筋肉アップクン<アスリートモデル> 本格的なトレーニングを目的とするアスリートの方向けの伸縮性加圧トレーニング専用ベルトです。
  • 筋肉アップクン<スタンダードモデル> 一般の方におすすめの標準的な伸縮性加圧トレーニング専用ベルトです。
  • 加圧ビューティーベルト 筋力アップクンEX<スタンダードモデル>を女性向けにカラフルにしたものです。
  • KAATSUウェルエイジング®ベルト 初心者の方でも使いやすいソフトな伸縮性加圧トレーニング専用ベルトです。

より高い効果を出すための3か条

安全で最大限に加圧トレーニングの成果を得るためのポイントをまとめました。

!! 加圧トレーニング有資格者の指導を受ける

加圧トレーニングの指導ができるのはKAATSU JAPAN株式会社が認定した有資格者のみとなっているので、資格を保持した指導者の元で安全にトレーニングをしましょう。

!! 空圧式の加圧トレーニング専用器具を使うスタジオを選ぶ

止血帯などで加圧するのは危険です。

また非正規品や偽造品の器具も流通しているので注意しましょう。

適切に血流を制限できる空圧式の加圧トレーニング専用器具を使う加圧スタジオなら、より安心です。

!! パーソナルトレーニングがベスト

人それぞれ適正圧やトレーニングの効果の表れ方に個人差があります。そのため、資格者がマンツーマンで指導を行う決まりになっています。

安全面での配慮からグループレッスンなどは禁止されています。

鬱や認知症予防の効果も!加圧トレーニングはメンタルも強くなる

脳の萎縮を予防し認知症対策にもなる

物忘れが多くなったり予測不可能な行動をとってしまう認知症。

高齢者に多く発症する脳の病気です。高齢化社会が進み、認知症の認識も高まるとともに予防に励む高齢者も増えています。

そんな認知症と加圧トレーニングは一見結びつかないように見えますが、実は重要な関わりを持っています。

認知症は脳が萎縮することで起こる病気ですが、この脳の萎縮は運動量に関係しています。

スコットランドのエディンバラ大学の研究チームが行った実験でも、日頃から運動を多くしている人に比べ、運動量が少ない人は脳の萎縮が早いということが研究で明らかになっているのです。

高齢者が認知症を予防するのには運動が重要であることがこの結果から伺えますが、普段から運動を習慣としていない高齢者がいきなり運動を始めるのは危険です。

その点、加圧トレーニングならじっくり体を動かすことができるので、高齢者向きの運動と言えるでしょう。

認知症と加圧トレーニングの関係性は注目が集まっており、高齢者向けのメニューが用意されている加圧トレーニングスタジオも多数存在しています。そのようなスタジオでトレーニングを受けることで、高齢者でもより少ない負担で必要なトレーニングを受けることが可能になります。

成長ホルモンを分泌させうつ状態に作用する

うつ状態になると体を動かすこと、感情をコントロールすること、記憶力などに関係する脳の神経伝達物質の動きが鈍くなります。その結果、無気力状態となり、何もやる気が起こらなくなってしまいます。

加圧トレーニングをすると、加圧を行わずにトレーニングをした際と比較しても、高濃度の成長ホルモンが分泌されることがわかっています。

この成長ホルモンがうつの無気力状態に働きかけ、精神を安定させるサポートをすると考えられています。成長ホルモンが分泌されると精神も安定し、活力も向上するのです。 加圧トレーニングは、うつ状態を抜け出す重要な役割を担ってくれます。

肥満を改善してうつ病の悪化を防ぐ

肥満体型の人はうつ病を発症しやすい、またはうつ病になると肥満体型になりやすいと考えられています。うつ病になると体を動かしたり外出するのも面倒になり、肥満が進んでしまうのです。

うつ病を改善、悪化を予防するためにも治療の中に運動を取り入れていきたいところですが、なかなか効果の見えない運動を地道に続けるのはうつ病の方にとっては厳しい道のりとなります。

加圧トレーニングで体型を整えることができれば日常的に動きやすくなり、活発に活動を行えることが期待できます。さらにダイエットに成功したということは本人の自信にも繋がるので、加圧トレーニングを用いたダイエットは美容目的だけでなく、このようなうつ病の治療にも効果が期待されています。

落ち込んだ気分を前向きにしてくれる

加圧トレーニングはうつや認知症の予防の他にも、気分のムラや落ち込みを改善し前向きにしてくれます。

上記でご紹介した成長ホルモンに関係していますが、この成長ホルモンは学習意欲を高めたり、記憶力の向上にも役立ちます。精神の健康を保つためなどにも効果があります。

そのため、仕事で失敗して落ち込んでいるときや、身の回りの人間関係などでトラブルを抱えストレスに感じているときなどにも加圧トレーニングを取り入れることで成長ホルモンを分泌させ、前向きな気持ちにしてくれるのです。

ライン