効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 食事のタイミングで効率UP

食事のタイミングで効率UP

意外と知られていないのが、加圧トレーニングをする前後の食事のタイミング。空腹のままでもいけませんし、食べた直後も難ありです。理想的な時間帯をリサーチした結果を紹介しています。

加圧トレーニングと食事について

加圧トレーニングをする場合には、食事のタイミングも重要であること、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

とくにダイエットをしようとしている人は、食事をとる前のタイミングでトレーニングをしてしまいがち。ですが、空腹のまま行うことによって、貧血を起こしてしまう可能性があります。

とはいっても、食事をしてすぐにトレーニングをするのもあまりよくないため、軽食をとった場合なら少なくとも30分後、そして通常の食事をした場合ならば胃の中のものが消化された後の2時間後くらいがベストです

お腹がいっぱいだとトレーニングをし辛いという場合には、すぐに熱量になりやすいバナナやりんごなどを軽く摂取するか、おにぎりや菓子パンなどを少し食べることで、エネルギーになる炭水化物をしっかりと取ることができます。

次にトレーニング後についてですが、終了30分以内にタンパク質やグルタミン酸を含むものを食べると、筋肉生成に効果的。大体運動の1時間後前後から筋肉の生成が始まりますので、そのはたらきを助けるこれらの成分を摂取すると効果的なのです。

グルタミンが多い食材は小麦や大豆です。大豆は良質のタンパク質も含んでいるので、特におすすめです。運動後にパンなどの小麦食品を食べられないなら、豆乳をグラス一杯飲むだけでも十分。ただ、ここで注意したいのが、体の水分について。汗で失った水分も豆乳を飲めば少し補給できますが、十分とは言えません。

よって豆乳をグラス一杯飲んだ場合も、意識して水分補給をすることを忘れないでください。また、トレーニング後にこれらの食事をとる際も、けして無理をしないように心がけましょう。

吐き気を感じる場合は逆にダメージとなってしまいますので、食事を胃に押し込むような真似は逆効果です。