効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 理論に沿った実施が結果につながる

理論に沿った実施が結果につながる

加圧トレーニングを実施する際は、理論通りの効果を得られるように正しい方法で行うべきです。安易な始め方をしないように注意しましょう。

加圧トレーニングは理論と実践の組み合わせ!

加圧トレーニングを実施する場合、どのような理論で行われているのかを知ることで、より効果的に筋肉をつけたり、ダイエットをしたりすることができます。

まず、どのよう方法で進んでいくのかというと、初めに専用のベルトを手や足の付け根につけます。そして、血流を制限させた上でダンベルなどの軽い運動を数分行い、その後ベルトを外すだけのものです。

これは血流を制限して行うトレーニングであるため、素人判断でやるのは絶対に避けましょう。専用知識を持ったインストラクターの元でしかトレーニングを行うことはできません。

血流を適切な圧力で制限してトレーニングを行うことで、そこには疲労物質である乳酸がたまります。ダンベルなどのトレーニングが終了した後にこのベルトを外すと、いっきにベルトの下でたまっていた乳酸が体中に流れ出します。すると脳は、その乳酸を察知して、たくさんの成長ホルモンを分泌させます。

乳酸をためるためには、従来では激しい筋肉トレーニングを行う必要がありました。それに対し、激しい運動をしなくても運動をした以上に乳酸を作り出すことができ、結果的に成長ホルモンの分泌を促すことができる、というのがこのトレーニングの理論です。

激しい筋トレをすると起こりやすいケガの危険もなく、トレーニングができるのがメリットです。肥満気味の人が何キロも走ったりすると膝に負担がかかってしまいますが、短時間で行うこのトレーニングではその心配もありません。

もちろん、元々痩せている人が美容目的で始める際も同様です。何より専門のインストラクターが常に自分についてくれるので、無意識にやり過ぎることもなく自分の体調に合ったペースで行えます。

ここから

加圧前から除圧後の変化

加圧トレーニングを行うと、血管にはどのような変化が現れるのでしょうか。

加圧の前

血管には動脈と静脈があります。動脈は心臓から血を体内に送り、静脈はその反対で心臓へ血を送り返していきます。

加圧トレーニングは、トレーナーの指示に従いその方に合った適度な加圧でトレーニングをしていきます。

加圧時

一時的に血の流れを制限します。この時に、静脈側を強めに加圧していきます。血の流れを留めると、毛細血管が広がっていきます。

血管は酸素不足になっていき、乳酸濃度が高まります。濃度が高くなった乳酸は、成長ホルモンの分泌を促す役割を持っています。

除圧後

成長ホルモンが増えると、体脂肪を燃やす働きが高まります。脂肪を分解させ血液の中に放出してくことで、体内を巡り身体に良い影響を与えていきます。

 【身体に与える影響】

  • 新陳代謝の働きが良くなる
  • 筋力が鍛えられる
  • 弱まった血管の若返りに効果的

アメリカで行われた加圧トレーニングによる実験

加圧トレーニングの効果は世界的にも認められており、東京大学の石井直久教授による研究論文は、アメリカの有名な研究雑誌「Jounal of Applide Physiology」の2000年1月号にも掲載されました。

平均年齢60歳の女性を対象とし、肘屈筋に対し、平均110mmHgの加圧下で30~50% 1RM×15回×3セットのトレーニングを週2回、4カ月間を行った結果、筋力、筋横断面積がともに平均20%増大した。

この結果は、80%1RMの負荷で加圧を伴わずに行った場合の効果よりやや大きい傾向があり、また、30~50%1RMで加圧を伴わずに行った場合にはほとんど効果がなかった。

これらの結果から、加圧トレーニングは低負荷にもかかわらず、筋力増強と筋肥大に著しい効果があり、その効果は筋血流の制限そのものに関係していることが示された。

また、トレーニングを行わなかった上腕三頭筋にまで、著しい筋肥大が見られた。

一方、同様の低負荷の加圧トレーニングをトップアスリートの膝伸筋を対象に行った結果(圧は平均210mmHg)、膝伸展筋力で平均15%、膝伸展パワーで平均9%、筋横断面積で平均15%の増大が見られた。

さらに、50回の連続最大筋力発揮における疲労耐性に有為な向上が見られた。

出典:『極めて低いトレーニング強度で、著しい筋肥大を引き起こす効果│アスリートサポート

加圧トレーニング用ベルトの種類

加圧トレーニングに使われるベルトにはいろいろな種類があり、それぞれの製品によって異なる特徴があります。ここでは多くの人に愛用されている、人気の加圧ベルトを三つ紹介します。

一つ目はKAATSU CYCLEです。

米国のKAATSU GLOBAL社が販売しているKAATSU CYCLEは、端末が非常にコンパクトで軽く、どのような場所にも持ち運ぶことができます。

安全性の高いプログラムによって制御されているため、初めて加圧トレーニングを行う方にも適したベルトです。伸縮性も優れているので、身体にしっかりと加圧を与えることができます。

二つ目の製品はKAATSU JAPAN社の加圧マスターミニです。

加圧マスターミニはKAATSU JAPANから販売されている加圧ベルトで、使いやすさに優れています。他の加圧ベルトに比べて重量が軽く、持ち運びにとても便利です。

一般の人も購入できる加圧ベルトなので、インストラクター以外でも気軽に加圧トレーニングを行うことができます。

三つ目はKAATSUウェルエイジングベルトです。

なるべく手頃なコストで加圧トレーニングを実施したい方には、KAATSUウェルエイジングベルトがおすすめです。このKAATSUウェルエイジングベルは、伸縮性が非常に高く足や腕にしっかりと加圧をかけることができます。

価格が1万円台と安い上に保証もしっかり用意されているため、使用時に身体を傷めてしまっても迅速に対応することができます。インストラクターはもちろん、エンドユーザーも購入することができます。

加圧ベルトは製品によって、価格や性能、持ち運びやすさに大きな違いがあります。購入する際は製品の内容をきちんとチェックし、予算や目的に合った加圧ベルトを購入しましょう。

絶対真似しないで!加圧ベルトの自作について

自作の加圧トラブルで起こる被害

最近は高額な加圧ベルトの購入が難しいことから、100円ショップで販売されているダイエットベルトを加圧ベルト代わりに使う人が増えてきています。しかし、この方法では腕や足に圧力をかけることはできません。

加圧トレーニングに使うベルトは、一般のダイエットベルトとは違う素材や構造で作られています。そのため加圧ベルトを自作してトレーニングを行っても、加圧効果は得られません。逆に身体へ大きな負荷を与えてしまい、怪我の原因となってしまう可能性が高いです。

強くベルトを巻いた状態で加圧をかけてしまうと、血管が止血され、内出血などが発生する恐れがあるので非常に危険です。市販のベルトを活用して加圧トレーニングを行うのは止めておきましょう。

適度な圧をかけられるのはインストラクターのみ

加圧ベルトを使って身体へ圧力をかけるには、インストラクターのようにプロの知識や技術が必要になります。

そのため、一般の人が加圧ベルトを使うと、思ったような効果が得られないことがあります。効率良くトレーニングを進めるには、インストラクターにサポートしてもらうのが最適です。対応を依頼することで、高い効果を実感できるようになります。

加圧ベルトに関するQ&A

Q1 家にあるゴムでも加圧トレーニングはできますか?

自己判断でパーツに圧力をかけるのは、血管に悪影響を与える可能性が高く非常に危険です。市販で売られているゴムなどを使った加圧トレーニングは実施しないでください。

Q2 なぜ専用の器具が必要なの?

加圧トレーニングは専用のベルトを使うことで、安全かつ効率的に筋力をアップできるようになります。さらに、加圧トレーニング資格者の指導に沿って行えば、より効果が得られるのです。

Q3 加圧ベルトの購入だけは可能ですか?

一般の人でも加圧ベルトのみを購入することは可能です。ただし、購入する際は講習を受け、正しいベルトの利用方法やトレーニングの仕方を学ぶ必要があります。

Q4 加圧ベルトをして有酸素運動をするとダイエットになりますか?

加圧ベルトをした状態で運動を行えば、効率良くダイエットを進めることができます。しかし、加圧を長時間かけ続けることは身体に大きなダメージを与えてしまうので、トレーニング時間は短くしましょう。

また加圧を行う際は、通常より若干圧力を弱めておくのが最適です。

Q5 自宅用の加圧ベルトを購入しましたが毎日やっても良いのでしょうか?

ベルトを正しい形で使用し、運動時間や圧力をきちんと確認しておけば毎日使っても問題はありません。ただし、体調が優れない時や疲労が残っている時は、無理をせずに身体を休めましょう。