効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 成長ホルモン分泌量の上がる時間

成長ホルモン分泌量の上がる時間

加圧トレーニングと成長ホルモンの分泌時間について調べました。脂肪燃焼を一気に加速させる仕組みとは?

知っておきたい!加圧トレーニングと成長ホルモンの関係について

加圧トレーニングで放出を促される成長ホルモンは、一定の時間が経過してから分泌が始まります。

このトレーニングにはさまざまな効果がありますが、それらに深く関わっているのが成長ホルモン。成長ホルモンのはたらきで脂肪を燃焼しやすくなったり、新陳代謝を活性化させて怪我の回復も早くなります。このホルモンは、元々睡眠時に分泌されるものであり、夜10時から翌2時までの4時間は特に分泌量が多くなります。

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係についてしかし、生活が乱れがちな現代人の多くは、成長ホルモンの分泌が滞っている場合も多いため、この限りとは言い切れないのが現状です。成長ホルモンの分泌量が少なくなると、結果無駄な脂肪を体に溜めてしまうことになります。痩せている人と肥満気味な人の平均睡眠時間を比べると、肥満気味の人の方が短時間しか眠っていないという統計には、この成長ホルモンの分泌が減っていることも関連しているのです。

加えて、成長ホルモンが不足すると、脂肪分解がうまく行われないだけでなく、回復が遅れたり疲労を感じやすくなったりします。つまり、遅く就寝して昼過ぎに起きるより、早く寝て早朝に起きる方が疲れを溜めにくいといえるのです。

とはいえ「夜10時には眠ってホルモンの分泌しやすい状態になりましょう」と言われても、毎日できる人はなかなかいません。そこで、強制的に分泌を促す方法が有効となってきます。

加圧トレーニングをすると、約15分後をピークに大量の成長ホルモンが分泌されます。そして1時間後には脂肪分解が開始されます

この成長ホルモンを更に効果的にするには、アルギニンの摂取がおすすめです。アルギニンは成長ホルモン自体を増やしてくれますので、トレーニングの前に摂取することを意識すると良いでしょう。