効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合
効率よくボディメイク!全国の加圧トレーニングジム大集合

女性限定!加圧トレーニングガイド【全国版】

全国の加圧トレーニングスタジオを選りすぐり!

サイトマップ

加圧トレーニングガイド【全国版】HOME » 短期間でメリハリボディに変身!加圧トレーニングとは » 成長ホルモン分泌量の上がる時間

成長ホルモン分泌量の上がる時間

加圧トレーニングと成長ホルモンの分泌時間について調べました。脂肪燃焼を一気に加速させる仕組みとは?

知っておきたい!加圧トレーニングと成長ホルモンの関係について

加圧トレーニングで放出を促される成長ホルモンは、一定の時間が経過してから分泌が始まります。

このトレーニングにはさまざまな効果がありますが、それらに深く関わっているのが成長ホルモン。成長ホルモンのはたらきで脂肪を燃焼しやすくなったり、新陳代謝を活性化させて怪我の回復も早くなります。このホルモンは、元々睡眠時に分泌されるものであり、夜10時から翌2時までの4時間は特に分泌量が多くなります。

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係についてしかし、生活が乱れがちな現代人の多くは、成長ホルモンの分泌が滞っている場合も多いため、この限りとは言い切れないのが現状です。成長ホルモンの分泌量が少なくなると、結果無駄な脂肪を体に溜めてしまうことになります。痩せている人と肥満気味な人の平均睡眠時間を比べると、肥満気味の人の方が短時間しか眠っていないという統計には、この成長ホルモンの分泌が減っていることも関連しているのです。

加えて、成長ホルモンが不足すると、脂肪分解がうまく行われないだけでなく、回復が遅れたり疲労を感じやすくなったりします。つまり、遅く就寝して昼過ぎに起きるより、早く寝て早朝に起きる方が疲れを溜めにくいといえるのです。

とはいえ「夜10時には眠ってホルモンの分泌しやすい状態になりましょう」と言われても、毎日できる人はなかなかいません。そこで、強制的に分泌を促す方法が有効となってきます。

加圧トレーニングをすると、約15分後をピークに大量の成長ホルモンが分泌されます。そして1時間後には脂肪分解が開始されます

この成長ホルモンを更に効果的にするには、アルギニンの摂取がおすすめです。アルギニンは成長ホルモン自体を増やしてくれますので、トレーニングの前に摂取することを意識すると良いでしょう。

成長ホルモンの不足によって生じるトラブル

加圧トレーニングによって分泌を促すことができる成長ホルモンは、とても重要な役割を担っています。その成長ホルモンが不足すると体内環境が悪化し、さまざまな悪影響が生じてしまう可能性が高くなるかもしれません。ここでは、成長ホルモンの不足によって生じる7つのトラブルをご説明します。

トラブル1:コレステロールの増加

成長ホルモンは、脂肪の分解や肝臓で作られたコレステロールの吸収を助ける役割を持っています。そのため、成長ホルモンが存在しないと、脂肪が分解されにくくなり体内のコレステロールが血管内に増加します。

トラブル2:心筋梗塞や狭心症

血管内に脂肪が溜まると血流が悪くなり、動脈硬化が発生します。症状が進行すると血管が硬化して傷つきやすくなり、血の中に血栓ができやすくなります。この血栓が心臓などの箇所で詰まることで発生するのが、狭心症や心筋梗塞などの病気です。

トラブル3:糖尿病

成長ホルモンの生成が少なくなると、内臓脂肪が増えてインスリンの効果が低下します。インスリンは、ブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込む役割を持っています。そのため血液内のブドウ糖が吸収されなくなると、血糖が上がり糖尿病を発症してしまう可能性が高くなるのです。

トラブル4:肥満症

成長ホルモンには脂肪を分解し、ナトリウムのバランスを調整する効果があります。そのため成長ホルモンの数が少なくなると、内臓脂肪や体脂肪が増えるだけでなく、筋力も低下してしまいます。なかでも腹部に脂肪がつきやすくなるため、ウエストやヒップラインが太りやすくなる可能性が高いです。

トラブル5:骨の強度低下

成長ホルモンは、子供だけでなく大人の身体にも存在しており、健康的な骨を維持するための管理を行っています。成長ホルモンがなくなると骨の強度が低下し、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。健康な人と比べて、骨粗鬆症を発症する可能性が高くなるのです。

トラブル6:筋力低下や疲労蓄積

筋肉は成長ホルモンの働きによって維持されているため、ホルモンの数が減少すれば筋肉も徐々に衰えていきます。そのためスポーツをするのが辛くなり、日常生活の行動にも支障が出てしまうのです。心臓の機能も悪化してしまうため、少しの運動で疲れやすくなる可能性が高まります。

トラブル7:皮膚の状態悪化

皮膚の汗腺は成長ホルモンによって機能しており、ホルモンが不足すると発汗の量が低下します。その結果、肌の潤いがなくなり、表面がカサカサになってしまうのです。また、発汗量の減少によって体内に熱がこもりやすくなるため、運動機能の低下も引き起こします。

このように、成長ホルモンが不足してしまうことにより、健康や美容面でマイナスになるリスクが高まります。肌の乾燥や運動機能の低下などの症状が見られたら、加圧トレーニングを実施し、成長ホルモンの増加を促しましょう。

加圧トレーニングを実践することで
体感できる4つの効果

加圧トレーニングを実践すると、体内に存在する成長ホルモンを増加させることができます。ここでは、ホルモンの増加によってもたらされる4つの効果について説明します。

筋力の増加

加圧トレーニングを実施すると、筋血流が適度に阻害すると同時に、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンがさまざまな遺伝子に働きかけることで、たんぱく質が合成されるのです。

定期的に加圧トレーニングを行えば、たんぱく質を大量に合成できるので、効率良く筋肉を増やすことができます。その効果は、短距離走やハードル走など瞬発力の必要な運動と同じくらいあると言われています。

脂肪の減少

成長ホルモンは加齢と共に数が減っていくため、30代以降になると脂肪が溜まりやすくなります。しかし、成長ホルモンの分泌を促すことができれば、体内に脂肪が蓄積しにくくなるので太りにくい体質になります。脂肪のつきにくい身体を維持したい方にも、成長ホルモンを増やすことが有効です。

代謝の活性化

成長ホルモンには、たんぱく質の生成を促し、骨の強度を高める効果があります。加圧トレーニングで成長ホルモンを増加させると、筋肉や骨を強化することで怪我や骨折を予防することが可能です。治癒速度もアップするため、風邪などの症状も短期間で治せるようになります。

コラーゲンの生成

成長ホルモンの働きによって分泌されるインスリン様成長因子(ようせいちょういんし)には、コラーゲンの合成を強化する効果があります。

成長ホルモンが増えるとコラーゲンの生成が促進され、肌の美しさを改善することが可能です。肌の衰えが気になる女性にとって、非常に嬉しい効果です。

体内に存在する成長ホルモンを増加させると、こういった効果が期待できます。美容や健康に関する悩みを抱えている方は、加圧トレーニングを積極的に活用し成長ホルモンの分泌を高めましょう。

成長ホルモンの分泌に有効な対策

成長ホルモンを効率良く生成するには、就寝時間や食事の内容にも気をつける必要があります。

成長ホルモンが体内で最も分泌されるのは、今まで22時~翌2時というゴールデンタイムに睡眠をとることがポイントということが言われていました。しかし、この22時~翌2時という時間帯の指定において、医学的根拠がないことが分かっています。

現在では、眠りはじめてから約3時間が成長ホルモンの分泌量が多くなるゴールデンタイムであると言われており、睡眠の質を高めることが大切です。

しかし、就寝前にスマホを触ったり、カフェインやアルコールを摂取したりすると睡眠の質が悪化します。就寝する際は、こうした行動をしないように注意してください。

また、より多くの成長ホルモンを生成するには、アミノ酸の一種であるアルギニンを取り入れるのがおすすめです。アルギニンは、成長ホルモンを阻害する成長抑制ホルモン(ソマトスタチン)を阻害する働きがあるため良いとされているのです。

ちなみに、アルギニンはかつお節や落花生、くるまえびなどのサプリなど色んな方法で摂取できるので取り入れてみましょう。